雲のやすらぎプレミアムというマットレスの感想や口コミを知りたい人へ

みなさんは、普段どのような寝具で寝ていますか?
私は、雲のやすらぎプレミアムというマットレスと低反発の枕、羽毛の掛布団で毎日寝ています。

 

雲のやすらぎ

 

私は、長野に住んでいるんですが、夏でも夜は結構冷えるんですよね。
なので、体が冷えないような布団を探していました。

 

そんな時に見つけたのが雲のやすらぎです。
寝るだけで腰痛も改善されるということなので、思い切って購入してしまいました。

 

ということで、今回は雲のやすらぎの口コミや実際に使ってみた感想などを紹介していきますね。
雲のやすらぎを買おうかな、良いマットレスはないかなと悩んでいる人のお役に少しでも立てればいいなと思います。

 

雲のやすらぎプレミアムの4つの悪評とは?

私は、雲のやすらぎを使い心地に満足しているのですが、悪評もあるので解説していきますね。
ネットで検索したら出てきた気になった悪評について、本当か嘘かもしっかりと言及していきます。

 

雲のやすらぎの悪評でよく見かけるのは、

 

「重くてかさばる」
「すぐにヘタってしまう」
「思っていたよりも硬い」
「カビが発生した」

 

というものです。

 

主にこの4つを紹介していきますね。

 

 

重くてかさばる

雲のやすらぎは、大体7sあります。

 

7sを重いと思うかそうでもないと思うかは人それぞれだと思いますが、私はそんなに気になりませんでしたよ。
厚さが17pとかなりボリュームのある布団なので、7sあっても納得かなという感じはします。

 

しかし、床や畳に直接置いている人で押し入れに片づけなければならないという人にはちょっと負担かもしれないですね。
腰痛で悩んでいる人にとっては、7sのものを下から上に運ぶのにも苦労してしまいますよね。

 

かさばるということですが、雲のやすらぎを布団のように3つ折りにしようとすると確かにかさばります。
バンドが付属されているのですが、バンドを使わなければ折りたたんだ状態をキープしてくれないんですよね。

 

なので、床に直接置いている人で片づける必要のある人に、壁に立てかける方法がおすすめですよ。

 

私はいつも、押し入れに枕と掛け布団だけ直してマットレスは壁にかけてあります。
壁に立てかけておけば邪魔になることもないですし、陰干しの効果もあるのでおすすめの管理方法ですよ。

 

 

すぐにヘタってしまう

布団やマットレスを使っていて、このような経験はないでしょうか?

 

買った時はボリュームのある見た目だったのに、いつのまにか薄く平べったくなっていた。

 

高反発マットレスを買ったのに、体が深く沈み込む。

 

マットレスの真ん中だけがへこんだまま。

 

マットレスがヘタってしまうと睡眠の質が悪くなるだけではなく、体に負担をかけて健康にまで影響を与えてしまいます。

 

では、雲のやすらぎがヘタりやすいというのは本当なのでしょうか?

 

雲のやすらぎがすぐにヘタってしまうという口コミは、確かにありました。

 

しかし、それは雲のやすらぎプレミアムにリニューアルされる前の商品であって、現在販売されている商品ではありません。
雲のやすらぎがリニューアルされた雲のやすらぎプレミアムでは、ヘタりにくくなっていますよ。

 

 

公式サイトにも載っていますが、雲のやすらぎプレミアムは80,000回の圧縮試験に耐えています。

 

雲のやすらぎの復元率

 

人は平均一晩で20回の寝返りをするのですが、80,000回の圧縮試験に耐えた雲のやすらぎなら早々にヘタることはありえないです。
私ももう3ヶ月ほど使っていますが、厚さは買った時と変わりません。

 

ヘタりやすいのは以前の商品なので、これから購入する人はすぐにヘタるということはないので安心してくださいね。

 

思っていたよりも硬い

これは、私も少し思いました。
雲の上で寝ているような寝心地という広告文句だったので、低反発マットレスのように包み込まれてフワフワしているものだと思っていたのですが…

 

実際には、下からしっかりと体を支えられているような寝心地でした。
寝心地は悪くないどころかとても良いのですが、包み込まれることを期待していた私には少しショックな部分でもありましたね。

 

雲のやすらぎプレミアムは低反発マットレスではないので体を包み込むということはありません。

 

しかし、体にフィットして眠るのに理想な姿勢にしてくれますよ。

 

寝ているときにどこか一点に負担がかかっているという印象も全くありませんでした。
こんなに寝心地が良くて、腰痛や肩こりが改善されるのはいいですね。

 

カビが発生した

雲のやすらぎは、とても通気性がいいマットレスです。

 

寝ている間にけっこう汗をかく私なのですが、起きた時に表面がじめっとしていることはありませんでした。
しかし、それは汗や湿気がなくなったというのではなく底面に流れて行っただけなんですよ。

 

なので、底面に溜まっている湿気を逃がしてやらないと底面にカビが発生してしまいます。

 

せっかく春夏用と秋冬用のリバーシブルマットレスなのに、片面がカビで使えなくなるのは悲しいですよね?
なので、私が実際にしているカビの対策法を紹介していきます。

 

私がしていることは、「除湿シートをマットレスの下に敷く」「陰干しをする」の2つです。

 

ちなみに、私が使っている除湿シートは、Amazonで2,500円くらいで買った炭が入っているものです。

 

 

湿気を吸収してくれることはもちろん、臭いまで防いでくれるというので購入しました。
あと、シーツが洗えるというところが決め手でしたね。

 

臭いや湿気を吸収してくれるので、洗濯できるものを購入した方がいいですよ。

 

私は、雲のやすらぎを床に直置きで使っているのですが、朝起きたら壁に立てかけるようにしています。

 

壁に立てかけておけば陰干しになるので、底面に溜まった湿気を逃がしてくれますよ。
壁に立てかけるときには、底面だった面を外側に向くようにするのがおすすめです。

 

私は、今紹介した2つのことを実践していますが、カビが発生したということは一度もありません。
毎日陰干しするのは大変でしょうから、週に1度くらいのペースで日の当たる壁に立てかけてもいいですよ。

 

雲のやすらぎプレミアムで感じる人が多い良い評判

雲のやすらぎは悪評もありますが良い評判の投稿の方が多いですよ。

 

「腰痛、肩こりが改善された」
「寝心地が良い」
「オールシーズン利用できる」

 

私も使ってみて実感したことを織り交ぜながら紹介していきますね。

 

腰痛、肩こりが改善された

個人差はありますが、雲のやすらぎを使ってみて腰痛や肩こりが楽になったと感じた人はたくさんいます。
私もその中の一人です。

 

 

私は学生の時から肩こりで悩んでいて、長時間椅子に座っているのに苦痛を感じていました。

 

試験中とかは、特に辛かったですね。

 

そして、大人になった私は、腰痛にも悩まされ始めたのです。
肩こりと腰痛のダブルパンチで毎日を過ごすのがちょっとおっくうになってしまっていました。

 

そこで、出会ったのが雲のやすらぎです。

 

ネットで肩こりや腰痛が改善される方法を調べていた時に見つけたのが腰痛対策マットレスでした。
寝るだけで改善されるなら面倒くさがりの私でもできるなと思い、購入を決断。

 

雲のやすらぎで寝るようになってから1週間くらいは何の効果も実感できませんでしたが、とにかく寝心地が良くて熟睡はできましたよ。
1週間くらい過ぎたくらいで朝起きた時に、体が固まっているという感覚がなくなったのです。

 

 

毎朝起きたら寝転がりながら腰をひねり筋肉をほぐしてから起き上がっていた私が、目が覚めてすぐに起き上がれるようになりました。
今ではすぐに起き上がれるのが普通になってしまいましたが、筋肉をほぐさずに起き上がれるということは嬉しいことですね。

 

他の人のレビューを見ていても、

 

「朝起きた時の腰の痛みがなくなった」「体が軽くなった」といったような評価が多いですよ。

 

 

寝心地が良い

雲のやすらぎを使った初日から、気持ちいい寝心地だなと思いました。

 

柔らかいのだけれどもしっかりと体が支えられている感じがあり、使い始めた晩から熟睡することができましたよ。
雲のやすらぎを使う前までは夜中に何度か起きていたのですが、朝までぐっすりと毎日眠れています。

 

夜中に目が覚めると、しっかりと寝た感じがしないんですよね。
それが原因で昼間でも眠くなってしまい困っていましたが、眠りが浅い体質なんだろうと改善を諦めていました。

 

 

雲のやすらぎを使うようになって、夜中に目が覚めるということがなくなりました。
寝心地が良くなって、睡眠の質が上がったということですね。

 

オールシーズン利用できる

雲のやすらぎには、春夏用と秋冬用の2つの面があります。
春夏用は通気性に優れていて、秋冬用は保温性に優れているのです。

 

春夏用と秋冬用がどう違うんだろうと思い、実際に寝てみました。

 

秋冬用は暑くならない程度に熱が布団に溜まっていて、体を冷やすということがなかったです。
冬の寒さが厳しい長野県に住んでいるのですが、布団の中にいれば冬の寒さから身を守れました。

 

春夏用を使ってみた感想は、劇的に涼しく寝れるみたいな感じではありませんでしたが、熱がこもって寝苦しいということはなくなりました。

 

夏場は冷房も一緒に使えば、かなり寝やすそうです。

 

他にも雲のやすらぎプレミアムの口コミをまとめたサイトがあるので参考にして下さいね。

マットレスの特徴

私が雲のやすらぎの特徴の中でもすごいと思ったのが以下3点!

 

  1. 体圧分散に優れていること
  2. 高品質の羊毛を使用していること
  3. 汗や湿気を逃がす抜群の通気性

 

個人的にこの3つの特徴が腰痛改善や気持ちの良い寝心地に直結していると思います。

 

体圧分散が優れている

体圧分散という言葉を聞きに慣れない人もいると思うので、先に体圧分散の意味を説明していきますね。

 

体圧分散とは、簡単に言うと寝ている間に体にかかっている負荷をどれだけ分散させることができるかというものです。

 

雲のやすらぎの体圧分散

 

体にかかる負荷を分散することができれば、寝ている体をより休めることができますね。
体圧分散が優れていなマットレスや硬い布団で寝ると、体に負荷がかかり続けているので腰痛や肩こりの原因にもなるんですよ。

 

雲のやすらぎは、新クロスクラウド製法という独自製法によって体圧分散に優れています。

 

新クロスクラウド製法とは、5層構造のうち中3層で圧を受け止めて負荷を分散させるというものです。

 

マニフレックスなど高級マットレスは柔らかい層、体を支える反発力の高い層がわかれていますが、同じように寝心地と腰痛対策の層が分かれてます。

 

実際に寝てみると、真ん中の層の高反発スプリングマットでしっかりと支えられて、沈み込み過ぎを防いでくれます。
新クロスクラウド製法によって体にかかっている負荷を全体に拡散してくれるので、腰を休ませてくれています。

 

高品質の羊毛を使用している

雲のやすらぎの秋冬面には、ロレーヌダウンという最高級の羊毛を使用しています。

 

羊毛

 

フランスのロレーヌ地方で育った羊の背中の部分の毛だけを使って、雲のやすらぎは作られているのです。

 

背中の毛だけを使うというところだけでもかなりこだわっているとわかるのですが、ロレーヌダウンの中でも6〜7月に収穫できた毛しか使わないというこだわりもあります。
食べ物でいうと旬みたいなものが羊毛にあるらしく、6〜7月に取れる羊毛が最も高品質なものなんですよ。

 

雲のやすらぎで寝てみてわかったんですが、体のどこも冷えていないということが実感できました。

 

寝ている時って体温が下がってしまうので、血の巡りが悪くなったり筋肉が緊張してしまうんですよ。

 

 

体が冷えることをロレーヌダウン使用の雲のやすらぎは防いでくれています。

 

肩こりを改善してくれる理由が最高級の羊毛を使っているからというのは驚きましたね。
いわゆる温熱治療的な作用が働いてるのだと思います。

 

私は、羊毛を使用しているマットレスは雲のやすらぎが初めてだったのでわからないので」すが、羊毛を使っているマットレスって臭いが気になるという人もいますよね?

 

ネットで羊毛が臭うと見つけて実際に嗅いでみたのですが、臭いが気になるということはありませんでした。
開封してすぐに嗅いでみたのですが、新品の布団の臭いしかせず獣臭いみたいなのは一切ありません。

 

羊毛の臭いがしないのには、徹底した洗浄のお陰だったんですね。

 

雲のやすらぎに使われる羊毛は、一般的な羊毛の洗浄度の2倍以上の洗浄度で表れていて臭いを防いでくれています。
高品質なよう羊毛を使用するだけでなく、洗浄にもこだわっているのは嬉しいですね。

 

 

抜群の通気性

人は一晩に200tほどの汗をかくといわれているのですが、そんな量の水分がマットレスに溜まってしまうというのは大変ですね。
ジメジメして寝苦しくなってしまいます。

 

夏場には、ジメジメしてなかなか寝付けないなんてこともありますよね?

 

雲のやすらぎは、そんなジメジメを防いでくれます。

 

雲のやすらぎは通気性をよくする構造によって、汗や湿気が底面に落ちていきやすく空気が出入りしやすいのでジメジメするといったことはありません。
私も寝ていて暑くて寝苦しいということはなくなりました。

 

表面の通気性は抜群なのですが、注意しないと底面に湿気が溜まってしまいカビが発生してしまいますよ。
先ほど紹介した底面に除湿シートを敷くことや陰干し以外にも、すのこの上にマットレスを置いたり布団乾燥機を使う方法なんかもあるのでやってみてください。

 

 

雲のやすらぎは女性から大柄な男性までファンは結構多いですよ!

雲のやすらぎとモットンの価格とサイズと構造の比較

ネットで腰痛対策マットレスと検索すると、高確率で出てくるのが「雲のやすらぎ」と「モットン」です。

 

どちらも腰痛対策マットレスで、腰痛改善の効果のあるマットレスで有名。

 

 

雲のやすらぎとモットンはどちらの方が腰痛に効果があるものなのでしょうか?

 

 

今回は、雲のやすらぎとモットンの二つの腰痛対策マットレスを比較していきます。
価格や口コミ、性能などを比べて、どのような人に合っているかも紹介していきますね。

 

腰痛対策マットレスの購入を考えている人の役に立てたらと思います。

 

同じような効果があるものを選ぶのって、難しいところがありますよね?
雲のやすらぎとモットンも同じ腰痛対策マットレスで、どちらも腰痛が改善したという人が多くいます。

 

効果が出ているものだけに選ぶのが難しい…。

 

それでは、雲のやすらぎとモットンを比較していきます。

 

価格は同じ

価格の比較ですが、公式サイトの価格で比較していきたいと思います。

 

下表を見てわかるように雲のやすらぎもモットンも価格は同じなんですよね。
しかし、モットンはキャンペーンで2万円値引きされての値段なので、定価は2万円高い値段になっています。

 

マットレス シングルサイズ セミダブルサイズ ダブルサイズ
雲のやすらぎプレミアム 39,800円 49,800円 59,800円
モットン 39,800円 49,800円 59,800円

 

サイズは厚さに注目

サイズはマットレスのたて、よこ、厚さを比較していきます。

 

シングルサイズのサイズ比較

マットレス たて よこ 厚さ
雲のやすらぎプレミアム 200p 100p 17cm
モットン 195p 97cm 10cm

 

セミダブルサイズのサイズ比較

マットレス たて よこ 厚さ
雲のやすらぎプレミアム 200p 120p 17cm
モットン 195p 120cm 10cm

 

ダブルのサイズ比較

マットレス たて よこ 厚さ
雲のやすらぎプレミアム 200p 140p 17cm
モットン 195p 140cm 10cm

 

価格と同じようサイズにも厚さ以外にはあまり違いがありませんが、私が実際に使ってみた感想ですが、厚さが7p違うというのは結構違いますよ。

 

分厚いと安心感が変わってきます。

 

構造の違い

雲のやすらぎは5つの層で作られているマットレスです。

 

羊毛の層で体を包み込み、凹凸アルファマットで体にかかる圧を分散。

 

真ん中にある高反発スプリングマットで体をしっかり支えて、理想の姿勢で寝れるようにサポートしてくれます。
雲のやすらぎに寝てみると、優しく包み込まれるのだけれども下からしっかりと支えられている感じがあるんですよね。

 

高反発マットレスの硬さをうまく緩和させていて、とても寝心地がいいですよ。

 

モットンは、1層のウレタンフォームが使われています。

 

巨大なウレタンフォームをマットレスの大きさに切りだして作っているので、素材は100%ウレタンフォームです。

 

硬さも3段階から選べるようになっています。
体重を目安に自分に合った硬さを選ぶことができるので、いいですね。

 

両方使った感想

私が実際に雲のやすらぎとモットンを使い比べてみました。
私は、雲のやすらぎとモットンを

 

寝心地、腰痛、肩こりが改善されるか

 

の2つの項目で比較してみたいと思います。

 

寝心地の比較

私は、雲のやすらぎの方が寝やすかったですね。

 

マットレスに厚みがあるのと柔らかい層の下に硬い層があるので、寝てみてマットレスが硬いと思うことがありませんでした。
モットンの寝心地が悪いということではないのですが、雲のやすらぎの方が通気性なども上だったので寝やすかったです。

 

腰痛、肩こりは改善されるか

腰痛対策で購入するならモットンをおすすめします。

 

その理由は、雲のやすらぎの柔らかい層が原因です。

 

筋力が衰えてきている人には、柔らかい層に体が沈み込んでしまい寝返りを打つことを邪魔してしまいます。

 

筋力のある人ならいいのですが、より体に負担をかけずに寝返りを打てるマットレスはモットンです。
どちらも腰痛と肩こりが改善はされるのですが、ご年配の方や筋力が弱い人にはモットンをおすすめしますよ。

 

  • 腰痛対策マットレスに寝心地を追求する人は、雲のやすらぎを。
  • 筋力が弱ってきたと感じる人は、モットンを。

 

という感じです。

 

個人的には、雲のやすらぎの方が私は好きです。

 

サイズ別の価格!お得に購入するならどこがおすすめ?

雲のやすらぎのサイズは、

 

  • シングルサイズ:たて200p、よこ100p、厚み17p
  • セミダブルサイズ:たて200p、よこ120p、厚み17p
  • ダブルサイズ:たて200p、よこ140p、厚み17p

 

の3種類となっています。

 

一人で寝るならシングルサイズで十分だと思いますが、体格の良い人やもっとのびのび寝たいと思っている人にはセミダブルサイズがおすすめですよ。

 

私はシングルサイズを購入して寝ているのですが、セミダブルサイズにすればよかったなとちょっと後悔しています。

 

私の肩幅は45pくらいなので狭いということはなかったのです。

 

しかし、雲のやすらぎの寝心地があまりにもよかったのでもっとのびのびと寝たかったなと思ってしまいます。

 

 

サイズ選びに失敗した私から一つアドバイスをさせてもらうと、サイズを悩んだら大きい方のサイズを選んだ方がいいですよ。
ちょっと高くなりますが、何年も使う快適さを考えて判断してくださいね。

 

 

夫婦で寝るのであれば、セミダブルサイズよりもダブルサイズをおすすめします。

 

冬場はくっついていても暖かいから良いのですが、夏場は暑苦しくなっちゃいますよ。
二人で寝るなら、なおさら大きい方がいいですね。

 

お得な店舗

腰痛や肩こりが改善されたり、気持ちの良い寝心地と、とても雲のやすらぎはとても魅力的な商品ですね。

 

しかし、気になるのがお値段です。

 

販売しているお店が違えば値段も変わってくるのですが、雲のやすらぎはどこのショップで購入しても値段が変わることはありません。

 

雲のやすらぎが販売している販売店は、以下3店舗です。

 

  1. 公式サイト
  2. 楽天市場
  3. Yahoo!ショッピング

 

 

雲のやすらぎプレミアムは、どこで購入しても以下の値段で販売されています。

 

シングルサイズ:39,800円
セミダブルサイズ:49,800円
ダブルサイズ:59,800円

 

この値段より安いものは、リニューアル前の商品の可能性があるので十分に注意してくださいね。
また、枕や掛布団のセット商品になっている場合もあるので、確認が大切ですよ。

 

楽天、Yahooショッピングではリニューアル前のものが販売されていたり、返金保証制度がついてないので、雲のやすらぎプレミアムを安心して購入するなら公式サイトが一番です。

 

保証内容は、商品が手元に届いてから100日後からの15日以内だったら、返品すれば代金が全額返金されるというものになっています。

 

雲のやすらぎを使ってみるまで、もし自分に合わないマットレスだったらどうしようという不安があったのでこの保証はとても嬉しかったです。
私が心配症ということもあるのですが、もしもの時を考えて購入する場所は選んでくださいね。