日本の人口が約1憶3千万人いるので、腰痛で悩んでいる人は少なくとも1300万人以上はいます。
腰痛は、もう国民病と言っても過言ではないかもしれません。

 

多くの人が悩まされている腰痛なのですが、85%の腰痛の原因はわかっていないのです。

 

原因がほとんどわかっていない腰痛は、治療をしても完治するということがないんですよね。

 

私が整骨院で言われたのは、「背骨が歪んでいる」でした。

 

電気マッサージや腰のけん引など治療を受けたのですが、治療後は痛みが消えているけれどそのうち痛みが戻ってきてしまいます。
整骨院に通う度にその場しのぎのような気がしたので、結局通うのをやめてしまいました。

 

結局腰痛の原因は、何なのでしょうか?
一概に全ての理由がこれと言えないのですが、理由は筋肉の緊張にあります。
緊張した筋肉は血管を圧迫して、血の巡りを悪くしてしまうのです。
血管だけでなく神経も圧迫してしまい、痛みを感じてしまいます。

 

なので、腰の筋肉の緊張を解いてやればいいのです。

 

今回は、どのような寝具を選べば腰痛に効果的かということを紹介していきます。

腰の負担を軽減できる寝具

腰の緊張は、普段の生活に直結しています。

 

仕事柄デスクワークが多かったりしませんか?
また、介護などの仕事で重たいものを持ち上げたりして腰に負担をかけていませんか?

 

同じ体勢で居続けると、腰に負担がかかって筋肉が硬直する原因となってしまいます。
同じ体勢というのは、座っている、立っているだけでなく寝ている時にも当てはまります。
なので、寝ている時に腰の負担を軽減してくれるマットレスを選ばないといけませんね。

 

腰の負担を軽減してくれるマットレスは、表面が均等にデコボコしている卵のパックを裏返したような形のものが理想的です。
デコボコのてっぺんで体全体の圧を受け止めて、腰に大きな負担がかかることを防いでくれます。

 

人は、一日の約3分の1を寝て過ごしています。
一日の3分の1の時間をしっかりと腰を休ませることで、筋肉の緊張が緩ませることができるのです。

腰を温められる寝具

慢性的な腰痛には、温めることが効果的ということを知っていましたか?

 

運動や物を運ぶなどの動いたことで痛くなる腰痛は冷やした方が良いのですが、座っているだけで痛いと感じるような腰痛には温めることが大切なんですよ。

 

筋肉は温めると、緊張が緩んで血の巡りが良くなります。
なので、腰痛で悩んでいる人は湯治なんかもおすすめですよ。

 

しかし、腰を温められる寝具というのはどのようなものがあるでしょうか?
それは、羊毛など保温効果が高い素材を使っているマットレスや布団です。

 

温めすぎると逆に汗をかいて寝苦しくなってしまうので、通気性が良いものを選ぶのもポイントの一つです。
適度な通気性があれば、汗や湿気が溜まらないので寝苦しさを解消できますよ。

体を支えてくれるもの

腰痛の原因の一つに筋力の低下があります。
加齢や運動不足などが原因で自分の体重を支えれなくなり、腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

筋力が衰えると、少なくなった筋肉に余計に負担がかかってより緊張してしまいます。
また、寝ている間に体を支えるのにもより負担がかかってしまうのです。

 

なので、少しでも体を支える反発力のあるマットレスが効果的です。
低反発マットレスだったら体が沈み込んでしまい、腰に余計に負荷をかけてしまいます。
それに比べて、高反発マットレスだと沈み込みを防いでくれて、寝返りもサポートしてくれますよ。

 

腰痛で悩んでいる人におすすめの寝具は、

 

・体にかかる負荷を分散させることができる
・通気性が良く、体を温められる
・体を支えてくれる高反発マットレス

 

が当てはまるマットレスです。